featured image

授業およびクラス運営にまつわる情報をNotionで一元管理できるNotionテンプレートを作りました

個人的に活用していたNotionページをさらにブラッシュアップし、テンプレート化しました。「授業およびクラス運営にまつわる情報をNotionで一元管理する」がコンセプト。

Yusuke Sugino
Yusuke Sugino

published on 2023-09-15

この一年間、自分の実施するプログラミングの授業ではNotionというドキュメンテーションアプリで、連絡事項や板書の管理・共有を行なってきました。これが体験として非常に良かったため、テンプレート化することにしました。

テンプレート配布ページ

クラス運営/授業にまつわる情報をNotionで一元管理

テンプレート 「授業およびクラス運営にまつわる情報をNotionで一元管理する」 をコンセプトに制作したので紹介します。主要なページは3つあります。

  1. 色別でわかりやい時間割ページ
  2. Notionで書いた板書がそのまま共有される授業ページ
  3. カレンダーと連動するクラス名簿

実際のページを交えて紹介していきます。

1/ 色別でわかりやすい時間割ページ


これは週間の時間割です。
各授業ページに設定された曜日と時限数に基づき、自動で並び替えが行われます。上画像のように週間のスケジュールとして表示するか、曜日別に表示するかを選択できます。
横スクロールで、土曜日まで表示できます。

曜日別の表示にも対応

対応するタブを選択することで、曜日ごとの時間割を表示することも可能です

2/ 授業ページ

カレンダーに登録された授業を開くとこのようなページに飛びます。このページで利用できる機能としては、次の3つがあります。

利用できる3つの項目

  • ニュースフィード: 宿題や試験範囲など、生徒に向けたお知らせを作成できます。
  • 板書: 板書を作成できます。板書は生徒にも共有され、単元カテゴリ別にわけて管理することができます。
  • 出欠カレンダー: 画面右の出欠カレンダーでは、その日の欠席者と遅刻者を記録できます。

3/ カレンダーと連動するクラス名簿


各生徒ごとの出欠状況を自動で集計できるようにすることは、このテンプレートを作成するにあたり実現させたかった機能の一つです。
前述した出欠カレンダーに記録された出欠状況に基いて、出欠数と遅刻数が自動で集計されます。

出席簿はPDFやexcelなど、お好みのフォーマットで出力可能


これは実際にPDFで出力したものです。pdfの他、csv/excel/url形式での出力に対応します。

Notion Calenderによって横断的に把握

Notion Calenderは、2023年度末にNotionがリリースしたカレンダーアプリです。このNotion Calenderにも同期されるので、受け持つ全ての授業について横断的に把握できるようになりました。
多くの授業を受け持つ方にとっては便利でないかと思います。

最後に

多機能であることと、直感的に使いこなせるシンプルさはトレードオフの関係です。出欠状況を自動集計すること以外は、エッセンシャルな機能に絞っています。
他にも提出物の管理といった機能も要望があれば追加しようと思っています。

教育関係者の方へ

Notionについてご存知の方はもちろん、初めて知ったという方にも一度試していただきたいと思います。教育関係者向けのプランも用意されています。ぜひご検討ください。

全校的な導入について

今回作成したテンプレートはあくまで個人単位で導入し、活用することを前提に作成したものです。これだけでも日々の授業に役立てることが可能です。
これを学校全体で導入すると絶大な威力を発揮することは間違いないです。そういった話があれば、ぜひ関わってみたいです。